今日勉強したことを
つらつらと
logo

「人を動かす 1936年版」デール・カーネギーの来歴 【デール・カーネギー】パブリックドメインの洋書を全部現代語訳する

WIP

人を動かす 1936 年版の目次へ戻る

出典: ISBN9781439167342 How to win friends and influence people by Dale Carnegie

デール・カーネギーの来歴

by Lowell Thomas

1935 年の 1 月の寒い夜でしたが、悪天候にも彼らは負けませんでした。2500 人の男女がニューヨークのペンシルバニアホテルの大宴会場に詰めかけました。空いている席は 7 時半には埋まっていました。8 時の時点では、まだ熱心な群衆が押し寄せていました。広々としたバルコニーはすぐに満席になりました。今では立ち見席すら人で埋まり、一日のビジネスで疲れているにもかかわらず何百人もの人々が、その夜、1 時間半も立ち見のために立ち見をしていたのです。

ファッションショーでしょうか?

それとも競輪?ビッグスター・クラーク・ゲーブルの出演?

いや、この人たちは新聞広告に誘われてそこに来たのです。二日前の夜、彼らはニューヨーク・サン紙の一面に掲載されたこの告知を目の当たりにしていました。

「効果的な話し方を学ぼう」

「リーダーシップの準備」

古臭い話では?そうなのですが、信じられないかもしれないが、地球上で最も洗練された町ニューヨークで、人口の20%が救済を受けている不況の中、2500人の人々が家を出て、その広告を見て急いでホテルに行ったのです。

その広告に反応した人々は、経営者、雇用者、専門家といった経済的に上流階級の人々であった。

デール・カーネギー効果的な話し方と人間関係の研究所が提供する「ビジネスにおける効果的な話し方と影響力のある人物」という超近代的で超実践的なコースの基調講演を聞きに来ていたのです。

なぜ彼らはそこにいたのでしょうか?

それとも不況のため教育が必要になったからでしょうか?

どうやらそうではないようです。このコースは、過去 24 年間、ニューヨークで開催するごとに満員となっているんどえす。その間に 15,000 人以上のビジネスマンや専門家がデール・カーネギーの指導を受けました。ウェスチングハウス電気会社、マグロウヒル出版社、ブルックリンユニオンガス会社、ブルックリン商工会議所、アメリカ電気技術者協会、ニューヨーク電話会社のような、保守的な大企業でさえも、社員や役員のために自分たちのオフィスでこのトレーニングを実施してきました。

これらの人々が、小学校、高校、大学を出てから 10 年後、20 年後にこのトレーニングを受けに来ているという事実は、私たちの教育システムに重大な欠陥があることを物語っています。

実際にビジネスマンは何を勉強したいのでしょうか? それは重要な質問であり、それに答えるために、シカゴ大学、アメリカ成人教育協会、およびユナイテッド Y.M.C.A.スクールは、2 年間にわたって調査を行いました。

その調査で、関心がある科目の第一位は健康であることが明らかになりました。また、第二の関心は、人間関係のスキルを身につけることであることも明らかになりました。人前で話す人になりたいのではなく、高尚な心理学の話をたくさん聞きたいのではなく、ビジネスや人付き合い、家庭ですぐに使えるスキルを教えてほしいと思っているようです。

それこそがビジネスマンが勉強したいことだったのです。

「わかった」とアンケートを集計した人たちは言いました。「いいですよ。みなさんがそれを望んでいるのであれば、それを教えましょう」

教科書を探し回ってみると、人間関係のよくある問題を解決するための実用的な教科書がないことに気づきました。

ここに難題がありました。何百年にもわたって、ギリシャ語やラテン語、数学など、一般的なビジネスマンでも知っている分野の教科書が執筆されてきました。しかし、ビジネスマンが知識を得ようと、本当に情熱を持って指導や助けを求めている、このテーマのものは・・何もなかったのです!

新聞広告に呼び寄せられ、ホテル・ペンシルバニアの大ホールに 2,500 人もの熱心なビジネスマンが群がったことが、如実に示しています。ここに、どうやらビジネスマンたちが長い間探し求めていたものが、ついに見つかったようなのです。

高校生や大学生のころを思い出してみると、知識だけがプロとして社会に役立てられ、収入を得られると信じて本ばかり読んでいました。しかしプロとして実際のビジネスに数年間携わると、幻滅してしまいました。

しかし、数年間のビジネスと専門家の生活の中でのラフ&タンブルでは、鋭い幻滅をもたらしました。彼らは、知識に加えて、上手に話し、彼らの考え方に人々を巻き込み、自分自身や自分の考えを「売る」能力を持っていた人が、最も重要なビジネスで成功したのをいくつか見てきました。

彼らはすぐに、もし人が船長の帽子をかぶり、ビジネスの船を操縦することを熱望しているならば、ラテン語の動詞の知識やハーバード大学の羊の皮よりも、人格と話す能力が重要であることを発見しました。

ニューヨーク・サン紙の広告は、この会議が非常に楽しいものになると約束していました。実際にそうでした。コースを受講した 18 人が拡声器の前に集合し、そのうちの 15 人には、自分の話をするためにそれぞれ正確に 75 秒ずつ与えられました。わずか 75 秒の話をしただけで、「ドーン」という音がして、司会者が「時間だ!次のスピーカー!」と叫びました。次の演説者!”

事件は水牛の群れが雷を鳴らして平原を横切るような速さで進行しました。 観客は 1 時間半も立ってパフォーマンスを見ていました。

スピーカーは人生の様々な分野の人たちでした:数人の販売員、チェーン店の重役、パン屋、業界団体の会長、二人の銀行員、保険代理店、会計士、歯科医、建築家、インディアナポリスからこのコースを受けるためにニューヨークに来た薬剤師、重要な 3 分間のスピーチをする準備のためにハバナから来た弁護士などです。

最初の演説者は、ゲール語でパトリック・J・オヘアという名前でした。アイルランドで生まれた彼は、わずか 4 年間学校に通い、アメリカに流れ着き、整備士として働き、その後運転手として働いていました。

しかし、40 歳になった今、彼には家族が増え、より多くのお金が必要でしたので、トラックを売ろうとしました。劣等感に悩まされていた彼は、自分の心を食べ尽くそうとしていました。営業マンとしては落胆していたので、機械屋で手を動かす仕事に戻ろうかと考えていたある日、デール・カーネギー・コース・イン・エフェクティブ・スピーキングの組織会議に招待された手紙が届きました。

彼は参加したくなかった 彼は多くの大学を卒業した人たちと付き合わなければならないことを恐れていました。

絶望した妻は彼が行くことを主張しました。“それはあなたのためになるかもしれない、パット。“神はあなたがそれを必要としていることを知っている” 彼は集会が開催される場所に降りて行き、部屋に入るのに十分な自信が持てるようになるまで、5 分間歩道に立っていました。

最初の何度かは、他の人たちの前で話そうとしたとき、彼は恐怖でめまいがしました。 しかし、数週間が経つにつれ、彼は聴衆に対する恐怖心を失い、すぐに話すことが好きだということに気付きました-群衆が多ければ多いほど良いのです。そして、彼は個人や上司に対する恐怖心も失いました。彼は自分のアイデアを上司にプレゼンし、すぐに営業部門に昇進しました。彼は会社で評価され、好かれるメンバーになっていました。この夜、ホテル・ペンシルバニアで、パトリック・オヘアは、2500人の前に立ち、彼の業績についての愉快な話をしました。笑いの波が次々と聴衆に押し寄せました。彼のパフォーマンスに匹敵するプロの講演者はほとんどいませんでした。

次のスピーカー、ゴドフリー・メイヤーは、11 人の子供の父親である白髪の銀行員でした。彼が初めて授業で話そうとしたとき、彼は文字通り唖然としていました。彼の心は機能することを拒否しました。彼の話は、リーダーシップがいかに話せる人に惹かれるかを鮮やかに物語っています。

彼はウォール街で働いていたし、25 年間、彼はクリフトン、ニュージャージー州に住んでいました。その間、彼は地域社会の問題に積極的に参加していなかったし、おそらく 500 人を知っていました。

カーネギー・コースに入学して間もなく、彼は税金の請求書を受け取り、不当な請求と思われるものに激怒しました。普通ならば、彼は家に座って文句を言うか、近所の人に不満をぶつけていたでしょう。しかし、その夜、彼は帽子をかぶり、町内会に入り、公の場で息を吹き返しました。

ニュージャージー州クリフトンの市民は彼に市議会への出馬を促しました。何週間もの間、彼は会議を転々とし、無駄と市の浪費を糾弾しました。

候補者は 96 人。投票用紙を数えてみると、ゴドフリー・マイヤーの名前が他の候補者を圧倒していました。一夜にして、彼は彼の地域の 4 万人の人々の間で公人となりました。彼の講演の結果、彼は 6 週間でそれまでの 25 年間にできた友人の 80 倍もの友人を作ったのです。

また、彼の議員としての給料は、カーネギー・コースへの投資に対して、年に 1,000 パーセントのリターンを得たことを意味していました。

3 人目の講演者は、ある大手食品メーカーの全国的な協会の会長で、これまでは役員会で自分の意見を述べることができなかったと話しています。

自分の足で考えることを学んだ結果、驚くべきことが 2 つ起こりました。彼はすぐに協会の会長になり、アメリカ中の会議で演説をすることになったのです。彼の講演の抜粋は、アソシエイテッド・プレス紙に掲載され、全国の新聞や業界誌に印刷されました。

2 年間で、より効果的に話すことを学んだ後、彼は直接広告に費やされた 25 万ドルで以前に得ることができたよりも、彼の会社とその製品のためのより多くの無料の宣伝を受けました。このスピーカーは、彼が以前、マンハッタンのより重要なビジネス幹部のいくつかに電話をかけて、彼との昼食に招待することを躊躇していたことを認めました。しかし、彼は彼の講演によって獲得した名声の結果として、これらの同じ人々は彼に電話をかけ、昼食に彼を招待し、彼の時間を侵害したことを彼に謝罪しました。

話す能力はアドバンテージを得る近道です。それは人に脚光を浴びせ、群衆の上に頭と肩を上げます。そして、普通は、話し上手な人は、その人が実際に持っている能力とはかけ離れた能力を評価されてしまうのです。

大人の教育を求める運動が全米を席巻していますが、その中で最も華々しい力を発揮したのが、デール・カーネギーです。信じるか信じないか」のリプリーの漫画によると、彼は 15 万件の演説を批評したそうです。これはコロンブスがアメリカを発見して以来、ほぼ一日に一回のスピーチを意味していたことを覚えておいてください。あるいは、言い換えれば、もしコロンブスの前で話していた人たちが全員 3 分しか使わず、連続してコロンブスの前に現れたとしたら、昼も夜も聞いているうちに 10 ヶ月はかかっていたでしょう。

デール・カーネギー自身のキャリアは、鋭いコントラストに満ちていたが、独創的なアイデアに取りつかれ、情熱に燃えているときに何が達成できるかを示す印象的な例であった。

鉄道から 10 マイル離れたミズーリ州の農場に生まれた彼は、12 歳になるまで路面電車を見たことがありませんでしたが、46 歳になる頃には、香港からハンマーフェストまで、地球上のあらゆる場所に精通し、ある時は、リトル・アメリカのバード提督の本部が南極点にあるよりも北極に近づいたこともありました。

かつて時給 5 セントでイチゴを摘み、コックルバーを切っていたミズーリ州の少年が、大企業の重役たちに自己表現の技術を教える高給取りのトレーナーになったのです。

かつてサウスダコタ州西部で牛を殴ったり、子牛に焼き印を押したり、柵に乗ったりしたこともあったこの元カウボーイは、後にロンドンに渡り、王室の庇護の下でショーを行うようになりました。

人前で話す最初の 6 回で大失敗を犯したこの男は、後に私のマネージャーになりました。私の成功の多くは、デール・カーネギーの下で訓練を受けたことによるものです。

若きカーネギーは教育を受けるために苦労しなければならなりませんでした。ミズーリ州北西部の古い農場では、運が悪いといつもフライングタックルとボディスラムで叩きのめされていたからです。年々、“102 “川が増水し、トウモロコシは溺れ、干し草は流されていきました。季節ごとに太った豚はコレラで病気になり死亡し、牛やラバの市場は底をつき、銀行は抵当権を差し押さえると脅しました。

落胆して病気になった一家は売り払い、ミズーリ州ウォーレンスバーグの州立師範学校の近くに別の農場を購入しました。町では食事と寝床は 1 日 1 ドルで手に入れることができましたが、若いカーネギーにはそんな余裕はありませんでした。そこで彼は農場に残り、毎日 3 マイル先の大学まで馬に乗って通学していました。家では牛の乳搾りをし、薪を切り、豚に餌を与え、目がかすみ、うなずくようになるまで、石炭灯の明かりでラテン語の動詞を勉強しました。

彼が真夜中にベッドに入ったときでさえ、彼は 3 時にアラームをセットしました。彼の父親は血統書付きのデュロックジャージーの豚を飼育していました。苦い寒い夜の間に、若い豚が凍死する危険性がありました。その性質上、豚は午前 3 時に温かい食事を要求したので、警報が鳴ると、デール・カーネギーは毛布から這い出て、豚の籠を母親のところに持って行き、授乳するのを待ってから、台所のストーブの暖かさのところに連れて行きました。

州立ティーチャーズ・カレッジには六百人の学生がいたが、デール・カーネギーは町で食事をする余裕のない孤立した五十人のうちの一人でした。デール・カーネギーは、その貧しさを恥じていました。彼は、きつすぎたコートと短すぎたズボンを恥じていました。急速に劣等感を募らせた彼は、自分を区別するための近道を探し回りました。彼はすぐに、大学には影響力と名声を享受する特定のグループがあることに気づきました。

自分には陸上競技の才能がないことに気づいた彼は、スピーチコンテストで優勝することを決意しました。彼は何ヶ月もかけてスピーチの準備をしました。大学までの往復を馬に乗って練習したり、牛の乳を搾りながらスピーチの練習をしたり、納屋の干し草の俵に乗って、その日の問題についておびえたハトたちに説教をしたりしたのです。

しかし、彼の真面目さと準備にもかかわらず、彼は敗北に次ぐ敗北を経験しました。 当時 18 歳だった彼は、繊細でプライドが高かった。彼は落胆して落ち込み、自殺を考えたこともありました。そして突然、彼は大学でのスピーチコンテストで優勝するようになりました。

他の学生たちも彼に鍛えてほしいと懇願し、彼らも優勝しました。

大学を卒業すると、ネブラスカ西部とワイオミング東部の砂丘の牧場主たちに通信講座を売り始めました。限りないエネルギーと熱意にもかかわらず、彼は成績を上げることができませんでした。あまりにも落胆した彼は、昼間からネブラスカ州アライアンスのホテルの部屋に行き、ベッドの上に身を投げ出し、絶望のあまり泣きました。彼は大学に戻りたい、人生の厳しい戦いから逃れたいと願ったが、それはできませんでした。そこで彼はオマハに行き、別の仕事を探すことにしました。鉄道の切符を買うお金がなかったので、貨物列車に乗って旅をし、その見返りに 2 台分の野生馬に餌と水を与えました。オマハ南部に上陸した後、アーマー・アンド・カンパニーでベーコンと石鹸とラードを売る仕事に就きました。彼のテリトリーは、バッドランズとサウスダコタ西部の牛とインディアンの国の間にありました。彼は貨物列車や馬車、馬に乗って自分のテリトリーをカバーし、部屋と部屋の間の仕切りがモスリン一枚だけの開拓者のホテルで寝泊まりしました。 彼はセールスマンシップの本を勉強し、バッキングブロンチョに乗り、インディアンとポーカーをし、お金の集め方を学びました。例えば、内陸の店主が注文したベーコンとハムの代金を現金で払えなかった時、デール・カーネギーは自分の棚から十数足の靴を取り出し、鉄道員に靴を売り、その領収書をアーマー・アンド・カンパニーに転送しました。

彼はよく貨物列車に乗って 1 日に 100 マイルも走りました。列車が貨物を降ろすために停車すると、彼は町をダッシュし、3、4 人の商人に会って注文を受け、汽笛が鳴ると、彼は再び通りをダッシュして、ヘラヘラと音を立てて列車の上に乗り、列車が動いている間にスイングしていました。

2 年も経たないうちに、彼は 25 番目にあった非生産的な地域を、南オマハから出る 29 両の車両ルートの中で 1 位にまで押し上げました。アーマー社は彼の昇進を申し出、こう言いました。“不可能と思われたことを成し遂げた “と。しかし、彼は昇進を拒否して辞職し、ニューヨークに渡り、アメリカ演劇芸術アカデミーで学び、サーカスのポリーのハートリー博士役で全国ツアーを行きました。

彼はブースやバリモアにはなれませんでした。彼にはそれを理解する良識があったので、パッカード社で自動車やトラックを販売する営業の仕事に戻りました。

彼は機械のことは何も知らないし 興味もなかった ひどく不幸なことに、彼は毎日自分の仕事に精を出さなければなりませんでした。大学時代に夢見ていた本を書くために、勉強する時間が欲しいと思っていました。だから彼は辞職しました。物語や小説を書く日々を過ごし、夜の学校で教えることで自分を養うつもりでした。

何を教えるのでしょうか?大学での仕事を振り返って評価してみると、パブリック・スピーキングのトレーニングは、彼の大学での他のすべてのコースよりも、自信、勇気、礼儀正しさ、そしてビジネスの場で人と接して対応する能力を身につけるために役立ったことがわかりました。

何を?演説家をビジネスマンにするのでしょうか?馬鹿げています。YMCA の人たちは知っていました 彼らはそのようなコースを試みたが、いつも失敗していました。彼らが彼に一晩2ドルの給料を払うのを拒否したとき、彼は歩合制で教えることに同意し、利益があれば純利益の何割かを取ることに同意しました。そして、3年も経たないうちに、彼らは彼に一晩2ドルではなく30ドルを支払うようになりました。

コースは成長していきました。他の「Y」の人々はこのコースのことを耳にし、他の都市でも耳にするようになりました。デール・カーネギーはすぐに、ニューヨーク、フィラデルフィア、ボルチモア、そして後にはロンドンとパリをカバーする立派なサーキットライダーになりました。すべての教科書はあまりにも学術的で、彼のコースに群がるビジネスマンにとっては実用的ではありませんでした。このため、彼は『パブリック・スピーキングと影響力のあるビジネスマン』と題した自分の本を書きました。それは、すべての Y.M.C.C.A.の公式テキストとなっただけでなく、アメリカ銀行協会と全米クレジット・メンズ・アソシエーションの公式テキストとなりました。

デール・カーネギーは、すべての人は我を失えば話せると主張していました。彼は、町で最も無知な男の顎を殴って倒せば、その男は立ち上がって、世界的に有名な弁士ウィリアム・ジェニングス・ブライアンに匹敵するような雄弁さ、熱さ、強調で話をするだろうと言っていました。 彼は、自分に自信を持ち、自分の中で煮詰まっている考えを持っていれば、どんな人でも人前で堂々と話すことができると主張しています。

自信をつける方法は、自分が恐れていることをやってみて、成功体験の記録を残すことです、と彼は言いました。そこで彼は、講座の毎回のセッションで、クラスのメンバー一人一人に話すことを強要しました。聴衆は共感してくれます。そして、絶え間なく練習することで、勇気、自信、熱意が生まれ、それがプライベートでのスピーチにも活かされていくのです。

デール・カーネギーは、彼が生計を立てていたのは人前で話すことを教えることではなかったと言うでしょう。彼の主な仕事は、人々が恐怖に打ち勝ち、勇気を身につける手助けをすることでした。

彼は最初、単に人前で話すことを教えるだけの講座を始めたのですが、来てくれた生徒はビジネスマンや女性でした。彼らの多くは 30 年ぶりに教室の中を見ました。彼らの多くは授業料を分割払いで支払っていました。彼らが求めていたのは結果であり、早く結果を出したいということでした。

そのため、彼は迅速かつ実践的な対応を余儀なくされました。その結果、彼は、人前で話すこと、セールスマンシップ、人間関係、応用心理学を組み合わせたユニークなトレーニングシステムを開発しました。

堅苦しいルールにとらわれず、麻疹と同じくらいリアルで、2 倍楽しいコースを開発しました。

クラスが終了すると、卒業生たちは自分たちのクラブを作り、その後も何年にもわたって隔週で集まり続けました。フィラデルフィアにある 19 人のグループの一つは、17 年間、冬の季節に月に 2 回会合を開いていました。クラスのメンバーは、クラスに出席するために 50 マイルも 100 マイルも旅をすることがよくあります。ある学生は毎週シカゴからニューヨークまで通学していました。ハーバード大学のウィリアム・ジェームズ教授は、平均的な人は潜在的な精神能力の 10%しか発達していないと言っていました。デール・カーネギーは、ビジネスマンや女性が潜在的な可能性を開発するのを支援することで、成人教育の中で最も重要な動きの一つを生み出しました。

LOWELL THOMAS 1936


© 2021 simodake