今日勉強したことを
つらつらと
logo

「人を動かす 1936年版」最大限に活用するための9つのアドバイス 【デール・カーネギー】パブリックドメインの洋書を全部現代語訳する

人を動かす 1936 年版の目次へ戻る

出典: ISBN9781439167342 How to win friends and influence people by Dale Carnegie

最大限に活用するための 9 つのアドバイス

1

あなたがこの本を最大限に活用したい場合は、たった一つだけの必要条件があります。法則、テクニックととは比較にならないほど重要なものです。 このたった 1 つの必要条件を満たさない限り、このアドバイスや本書の原理はほとんど役に立たないでしょう、あなたがこの基本的な能力を持っていれば、本書を活用して驚くほど成長できます。

この魔法を達成する条件はなんでしょうか?それは、「対人スキルを身につける」という強い決意と、深い学びへの欲望です。

どうすればそんな欲望が湧き上がるでしょうか?本書の原理があなたにとってどれほど重要であるか、常に自分自身で思い出すことです。これらの原理をマスターすることで、自分自身がより豊かで、満たされ、幸せで、充実した人生を送ることができるようになると、思い描いてみてください。何度も自分に言い聞かせてみてください。「私の人望と、幸福と価値に対する嗅覚は、少なからず私の対人スキルによります」

2

最初は各章をさっと読んで、俯瞰的に見てみましょう。そうすると、次の章にさっさ進みたくなるかもしれません。単に娯楽のために読んでいるならかまいませんが、それはやめましょう。対人スキルを身につけたい思っているのであれば、各章を徹底的に読み返してみてください。長い目で見れば、時間の節約にもなりますし、結果も出てきます。

3

途中でこまめに立ち止まって、内容を考えてみましょう。

4

鉛筆、ペン、マーカーを使いながら読みます。使えそうなアドバイスがあったら、その横に線を引いてください。それが5つ星のアドバイスであれば、すべての文に下線を引くか、ハイライトをつけるか、☆ 印でマークします。マークをつけたり、下線を引いたりすることで、本をより面白くし、素早く復習できるようになります。

5

15 年間、大手保険会社のオフィスマネージャーをしていた女性がいました。毎月、彼女は会社がその月に発行したすべての保険の契約書を読んでいました。同じ契約書を何度も何度も読み返していました。なぜでしょうか?何度読んでも忘れてしまうもので、他の方法はないと経験から学んでいたからです。

かつて私はスピーチについての本を書くのに約 2 年を費やしたことがありますが、それでも自分の本に書いたことを思い出すために読み返さなければならないことに気がつきました。忘れてしまう速さには驚かされます。

なので、この本から本当の意味でずっと効果を得たいと思うなら、一度だけ読んだだけで十分だとは思わないでください。すべて読み終わってからも、いつも机の上に置いておいておき、毎月数時間かけて見直してください。毎日目を通して、常に改善していくことで豊かになれることを自分自身で印象づけてください。これらは、習慣化するには絶え間なくチェックし改善していくしかないことを覚えておいてください。他に方法はありません。

6

バーナード・ショーいわく「人に何かを教えても、その人は決して学ばない」これは正しいです。学習は能動的なプロセスです。私たちは、実行に移すことで学びます。だから、この本で学んでいる原理をマスターしたいのであれば、何か行動してください。 あらゆる機会に本書の原理を適用してください。そうしないと、すぐに忘れてしまいます。 使われた知識だけが心に残ります。 おそらく、これらのアドバイスを常に実施することは難しいでしょう。私はこの本を書いたのですべての原理を知っていますが、それでも私が提唱したことをすべて適用するのは難しいことがわかりました。例えば、あなたが人と接して不愉快に思っているときに、相手の視点を理解しようとするよりも、批判したり非難したりする方がずっと簡単です。褒めることよりも、批判する方が簡単であることが多いのです。相手が望んでいることを話すよりも、自分が望んでいることを話す方が自然に行なえます。などなど、この本を読んでいるときは、単に情報を得ようとしているのではないことを思い出してください。新しい習慣を身に付けようとしているのです。それには時間と粘り強さと日々の実践が必要です。 だから、本書を頻繁に参照してください。これを人間関係のマニュアルとするとよいでしょう。

そして、あなたが人と接する際の問題に直面したとき(例えば、子供を教育する、あなたのパートナーにあなたの考え方を納得してもらう、またはイライラしている顧客を満足させるなど)、自然とやってしまうようなこと、衝動的な発言をする前に躊躇してください。これは通常間違っています。その代わりに、この本を開き、マーカーを引いた段落を見直してみてください。そして、これらの新しいテクニックを試してみて、それらが魔法のように効果を発揮するのを確認してください。

7

対人スキルに関する原理をマスターするために、ゲームにしてみましょう。例えば、あなたが何か原理に違反した 500 円を支払います。あなたのパートナー、子ども、何人かの仕事仲間に参加してもらってください。

8

あるウォール街の重要な銀行の頭取が、私のクラスで講演行い、彼が自己改善を行うために使用している非常に効率的なシステムについて解説したことがあります。この方は正式な教育をほとんど受けていませんでしたが、アメリカで最も重要な金融業者の一人になっており、自分の成功のほとんどは、このシステムを常に適用したことが重要だったと語っています。

彼が何をやったのか、覚えている限り正確に彼自身の言葉で語りましょう。

ここ何年もの間、すべてのアポイントメントを記した手帳を、ずっと手元に置いてあります。私の家族は、土曜日の夜に私との計画を立てたことはありませんでした。私が自己検証と見直しと評価のプロセスに土曜日の夜の時間を使っていることを知っていたからです。夕食後、私は一人で手帳を開いて、その週に行われたすべてのインタビュー、議論、会議のことを考えました。「あの時、私はどんなミスをしたのか?」と自分自身に問いかけました。この毎週の見直しをすることによって、しばしば非常に不幸せになるような行動をしていることに気付きました。自分の不手際に気づき愕然とすることも多々ありました。もちろん、年月が経つにつれて、これらの失敗は少なくなってゆきました。これらのプロセスを行った後に、自分自身で少しだけ褒める傾向がありました。 この自己分析、自己教育のシステムを何年も継続しましたが、これまでに試みたどのようなことよりも、私に大きな影響を与えてくれました。決断するスキルが向上しましたし、あらゆる人と接する場面においても非常に役立ちました。語り尽くせないほどお勧めします。

この本で説明している原理を活用できているかチェックするために、同じようなシステムを使ってみてはどうでしょうか?そうすれば、二つのことが起こるでしょう。 第一に、あなたは興味をそそられると同時に、貴重な教育を受けていることに気づくでしょう。 第二に、人と出会い、対人スキルが飛躍的に向上することに気づくでしょう。

9

本書の最後には、これらのアドバイスを実践したときの成果を記録するための白紙のページがいくつか用意されています。具体的に書いてください。名前、日付、結果を記入してください。このような記録を残しておくことで、より努力する意欲が湧いてくるでしょう。


© 2021 simodake